家庭クラブ連盟
ホームプロジェクトと学校家庭クラブ活動

家庭クラブの歌

男女が共に家庭科を学ぶ時代にふさわしい「家庭クラブの歌」を平成5年度に、全国のクラブ員に公募し、最優秀作品として東京都立富士高等学校生徒の馬原潤二さん作詞・竹内将也さん作曲の「明日へ」が採用され、現在にいたっています。

明 日 へ
作詞  馬原 潤二

作曲  竹内 将也

1.明日(あした)を感じる今日があり
 今日を支える笑顔が集う
 そんなささやかな幸せを
 今また家庭の絆から
 命の喜び語るため
 さあ手を取りあって
 謳(うた)おう 謳おう 新しい窓から
 今日も笑顔でいられるために

 


2.なにげないひとつの息吹き
 この小さな小さな奇跡を
 わかちあえる幸せを
 守るために集(つど)おう
 大地を愛(め)で空を仰ぎ
 ともに一歩を踏みだして
 進もう 進もう 未来への道を
 明日(あす)も奇跡を感じるために
 命の喜び語るため
 さあ手を取りあって
 謳おう 謳おう 新しい窓から
 今日も笑顔でいられるために